タイチは現在進行形で進化中!?【棚橋弘至vsタイチ ニュージャパンカップ2018】

今年も春の祭典「NEW JAPAN CUP」が開催しましたね!

僕は画面の外から観戦しております(笑)

現在のトーナメント表はこんな感じ。


出典:新日本プロレス公式Twitter

ケニー・オメガ選手やCody選手は抗争中、現在王者の選手は不参加という規約により、棚橋弘至選手や内藤哲也選手を除き、メイン級の選手がほとんど参加していませんので、外国人選手が多めという印象を受けました。

今回は棚橋弘至vsタイチの試合について触れたいと思います。

「新コスチュームの棚橋」と「ヘビー級に生まれ変わったタイチ」

棚橋弘至は膝の怪我から復帰し、初めてのシングル戦でコスチュームを黒を基調としたものに変えてきました。

・・・対してタイチはヘビー級に転向し、勢いをつけるためにも負けられない初戦でした。

結果的にタイチは負けてしまいましたが、試合内容的には素晴らしいと言えるでしょう。

ヘビー級にふさわしいスタイルに変えてきたタイチの本気を感じたし、棚橋もあんな危険な技を全て受け止めて勝った。

試合後のエアギターと、観客と触れ合う場面は、やっぱり新日本プロレスのエース健在だなというのを感じさせた。

この試合で前回、タイチが内藤から学んだことがわかってきました。

内藤哲也戦後のコメント

「内藤、これで分かったよ、これで分かった・・・響いたよ。闘い、教えてくれてありがとうよ。ハハハハハ!」

内藤から学んだこと・・・それは。

”ヘビー級の駆け引き”

どこかムーブがロスインゴ初期の内藤を感じさせるのはそのせいですね。

しかし、タイチはさらなる成長を求めているようです。

そしてこの試合で再び、あのコメントがタイチの口から出ました。

タイチ「(※フロアに座っているあべの脚にしばらく顔をうずめてから)温もり……温もり……。(※ゆっくり起き上がって)棚橋、わかった、わかった……ヘビー級の闘いがわかったよ。後悔すんな。俺にこの闘いを教えて。ハハハハハ

・・・ということは棚橋からも”トップ選手に必要な何か”を学んだということ。

それが何なのかはまだわかりません。

愛なのか・・・はたまた厳しさなのか、いずれにせよ次の試合でそれが発揮されることは間違いないでしょう。

NEW JAPAN CUPは敗退してしまいましたが、むしろタイチの存在は大きくなっています。

タイチの進化は現在進行形で進んでいる。この先どう変わっていくのか楽しみでもあります。いずれはトップ戦線に絡んでくれることを期待しましょう!

▼タイチについては、こちらの記事もどうぞ▼
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

SHOTA

プロレス見るのが大好きなのに会社の給料が少なくてプロレスを観戦したくてもできない日々を過ごしていたが、脱却することに成功。その時の体験談、経験や、初心者でもプロレスを好きになってもらえるような情報を発信しています。