鈴木みのるによるインターコンチ奪取の裏に見える”覚悟とプロ精神”とは

鈴木軍のリーダー、鈴木みのる選手が
1月27日の北海道札幌で棚橋弘至選手の
IWGPインターコンチネンタル王座に挑戦し、
戦慄のレフェリーストップで王者からベルトを奪取しました。

結果、棚橋は右膝変形関節症で欠場することになり、
鈴木は王者として次のターゲットを示唆するような
発言をしました。

オマエたちが足で踏んづけているこのオレの頭。そんなに安くねえんだよ! まだいるだろう、このオレの頭を踏んづけてるヤツらが!

このインターコンチは(新日本プロレスの中で)何番目のベルトなんだ? 言ってみろ。言ってみろよ。オマエが言わなくても、オレがよく知っている。そう、今日来た客もよく知っている、みんな知っている。そう、オレの頭を上から踏んづけているヤツ、オレはオマエのところに行く。

これは手形だ。通行手形だ。1回オレが負けたから、オレの髪の毛がなくなったから、鈴木軍が止まったとか思っているんじゃねえぞ

引用:Number Web

これから察するに次のターゲットは
IWGPヘビー級王者しかいないと思いますが、
その前に真壁刀義選手が挑戦するかもしれません。

真壁刀義怒りの突入劇、残忍試合の鈴木みのる許せず 日刊スポーツ

今回のことはさすがに引いた観客がいると思います。

鈴木みのるはなぜそこまでするのでしょうか?

そこに鈴木の覚悟とプロ精神を感じました。

鈴木みのる「ウルトラマンになれるのはひとりだけ、だったら敵役のバルタン星人に」

鈴木は、数年周期で主戦場を変えながら、それぞれの場所でトップとして活躍していることがわかる。そして、どこに行っても一貫していることは、鈴木がヒールであり続けているということだ。

 鈴木自身はこれを「バルタン星人の論理」と呼んでいる。

他のレスラーはみんな、その団体の“主人公”になりたがっている。ヒーロー番組で言えば、“ウルトラマン”になりたがってるんだ。でも、ウルトラマンになれるのはひとりだけだし、ウルトラセブンになれるのもひとりだけ。その時代時代の主人公になれるのは、ひとりだけなんだよ。

 そしてフリーである俺は団体のエース、つまり“ウルトラマン”にはなれない立場にいる。だったら敵役のバルタン星人になろうと思ったんだ。バルタン星人は初代の『ウルトラマン』に出てきた後、いろんなウルトラマンの敵役として出てきて、平成の新しいウルトラマンシリーズにも出てくる。要は時代も団体(番組)も超えて、いろんなヒーローの敵であり続けている。だから俺も、数年周期で各団体の“ウルトラマン”を倒しに行ってるんだ

■古き良きアメリカンプロレスの「ヒール」を今演じる。

 この鈴木の行動は、かつての古き良きアメリカンプロレス黄金時代のトップヒールレスラーの生き方にも通じる。

 現在のアメリカマットはWWEの1強時代が長く続いているが、1980年代半ばまでは、全米各地にテリトリーがあり、それぞれが独立した団体として栄えていた。ヒールレスラーはご当地のヒーローと抗争を繰り広げたあと次のテリトリーへと渡り、また新たな抗争をスタートさせる。そうすることでマンネリを回避し、ご当地のヒーローに敗れた後も軍門には降らず、戦場を変えることでトップヒールとしての“番付”を維持し続けていた。

 鈴木はいまのプロレス界における、最後の“大物フリーヒールレスラー”なのだ。

引用:Number Web

鈴木みのる選手はすでに49歳という
プロレスにおいては一線を退く選手が多い年齢です。

そんな中、今業界トップの新日本プロレスの
さらに最前線で鈴木軍というヒールユニットを率いています。

団体トップのオカダ・カズチカ選手などと
バチバチにやり合っているベテランレスラーは
鈴木をおいて他にいないでしょう。
(クリス・ジェリコは闘いましたけど・・・)

鈴木の”バルタン星人の論理”を
している選手がどれだけいるのか。

少なくとも鈴木軍を除いて日本にはほとんど
いないと思います。

今のプロレス界には悪に徹せられる選手がいない。

華やかさが重視される一方で、
間逆のヒールレスラーが減っています。

今の時代にはもういらないのかもしれません。

ですが、鈴木のように悪役(ヒール)になれる
職人はいなくなってはならない存在だと思います。

必要悪”ってやつです。

棚橋に対してしたことは賛否あると
思いますが、それは鈴木がしてなくても
いずれそうなってしまうのは見えていました。

だから鈴木がベルトを奪取するついでに教えた。

その膝じゃ王者でいるなんて無理だ、
治してからこい
、と。

それが鈴木なりのメッセージだったのではないでしょうか。

もう鈴木はキャリア的には前線で戦える年齢を過ぎています。

それでも戦えているのは
鈴木がしっかり自分のコンディションや
スタイルをコントロールしているから。

そして観客のヘイトを集める存在でい続けている。

鈴木はまさに”プロ・レスラー”なんです。

でもこれを最後に鈴木はIWGP戦線から
退くのではないかと僕は感じています。

(レポーターに向かって)おい、お気楽野郎。これから9回裏のマウンドに上がるピッチャーに『最初の球、なに投げるんですか』って聞いているのといっしょだぞ。分かるか。勝負懸かっているんだ

引用:Number Web

このコメントで言ってるように
鈴木にはもう後がなく、これでベルトを取れなかったら終わり

それが今回の言動であり、鈴木の”覚悟”なのかなと思いました。

そうなったら鈴木の跡を継げるのは
ヘビー級に転向宣言した”しかいないでしょう。

タイチ!!

▼棚橋弘至については、こちらの記事もどうぞ▼
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

SHOTA

プロレス見るのが大好きなのに会社の給料が少なくてプロレスを観戦したくてもできない日々を過ごしていたが、脱却することに成功。その時の体験談、経験や、初心者でもプロレスを好きになってもらえるような情報を発信しています。