SANADAはオカダ・カズチカを超えられるのか?【IWGPヘビー級選手権試合】

昨日1月27日の北海道・札幌大会は
波乱の幕開けとなりましたね~。

まず、棚橋弘至選手が膝を負傷し、再び欠場。

鈴木みのる選手による執拗な膝への攻撃で動けず
レフェリーストップとなってしまいました。

実際、棚橋は膝がもうやばいとこまで来ている気がします。

棚橋弘至 鈴木みのる

だから今回の判断も良かったと言えばあれですが、
このまま悪化してプロレスが出来なくなってしまうよりはまだマシだと思います。

あと、この大会で僕が気になったのはSANADA選手。

SANADAはオカダ・カズチカ選手とIWGPヘビー級をかけて闘うことになっています。

通常ベルトに挑戦する選手というのは王座戦前から
王者に対して何らかの”行動”を起こしてストーリーラインを作っていくのが定石でした。

ましてや相手は団体のトップチャンピオンであるはず、
であれば盛り上げるために何か”行動”を起こさなければいけません。

試合終了後、オカダはSANADAにこう言いました。

「あんたが目指してるのはこのベルトだろ、あなたの声を聞かせてくださいよ」

これはもちろん会場を盛り上げるために
オカダがしたことだと思います。

それに対して、SANADAはマイクを持つも、結局喋らなかった。

これにオカダが激怒、SANADAをリングに引き戻し、
ツームストーンからコブラクラッチを決めてしまう。

口にはオカダ$を詰め込んで。


出典:新日本プロレス公式サイト

オカダ「一生喋るな!」

挑戦者なのにわざわざ王者から行動を促され、にも関わらず何もしなかった

だから結局、王者側が行動を起こさざるをえなくなってしまったのだと思います。

SANADAからすればこれがやり方なのかもしれませんが、
オカダとしてはそれは許せなかった。

大事な王座戦、v10がかかった試合なのに、
それを何をしたいのかはっきりわからないやつとやらなければいけない。

それが不満だったのかもしれません。

■オカダの試合後のコメント

オカダ「リング上でも言ったように、新日本を選んだ理由、ロス・インゴを選んだ理由、そんなこと知らねえんだよ。オレはアナタの本気が、本音が知りたいんだよ。このベルト、次オレやります、オレはタッグを挑戦させてくれるならいいって言ったけどな、こんなんじゃなんの魅力もねえよ、この野郎。(大阪大会のチケット)売り切れになりました、いいですね。フザけんじゃねえ。オレはいろんな雨を降らすって言ってんだよ。まあ、強いのは知ってる。しゃべんねえならしゃべんねえで、それでいい。別にリング上だけでしゃべらないなら、オレはそれでいいし、オマエがそれでいいならいいよ。ただな、オレはそんなの納得しねえ。いますぐに、だれでもいいよ、内藤でもいいよ、新日本プロレス、(挑戦者を)変えろ! じゃなきゃ大阪、オレの知ったこっちゃねえんだ。しっかり新日本プロレス、考えてくれよ」

オカダがこんなに怒るのには理由がある気がするんです。

それはSANADAに期待していたからではないでしょうか。

ロスインゴの中でもまだ全てを見せきっていない
選手がいるとすればSANADAだと思います。

現にまだシングルでの実績は少ないし、
まだ一皮むけていないイメージです。

オカダはそこからSANADAを引っ張り上げて注目をさせるために
タッグベルトをかけるんだったらという条件で挑戦を許し、
王者なのにこっちから”行動”を起こしてきた

そういう気持ちがあったからこその今回の怒りなのかなと思いました。

どうせならあの時、SANADAには何かしてほしかったはずです。

別に喋らなくとも、そこで王者をノックアウトさせるとか、
ベルトを強奪するとか。

そういう行動を起こせば会場も盛り上がり、
SANADAにも注目が集まったでしょう。

今回の一件はSANADAが不甲斐なかったということですが、
このまま終わらないで欲しいです。

次に王者に襲い掛かって、マイクで挑戦をはっきり表明するだけでもいい!

王者を認めさせる”行動(アクション)”を起こしてくれ!

SANADA
▼SANADA、オカダ・カズチカについては、こちらの記事もどうぞ▼
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

SHOTA

プロレス見るのが大好きなのに会社の給料が少なくてプロレスを観戦したくてもできない日々を過ごしていたが、脱却することに成功。その時の体験談、経験や、初心者でもプロレスを好きになってもらえるような情報を発信しています。