若い社員の最近のストレスは上司に飲みに誘われたときらしい。

こんちには、SHOTAです。

先日、人生初のインフルエンザになりました(笑)

まさかかかるとは思っていなかったので、びっくり。

熱もようやく下がってきたので、記事を書きます。

仕事上で最もストレスを感じているのは新入社員

横になっている時、こんなニュースを読みました。

↓↓↓
会社で最もストレスを感じているのは新入社員 – キャリコネニュース

若者のストレスはますます増えているようです。

その原因として、

長時間労働

上司との関係

が大きな原因となっています。

こうして自分の時間を縛られ、ストレスが溜まっていき、自殺してしまうことに繋がっているんだろうなーと思わされる。

労働時間が長い国トップの日本

日本はやっぱり働き過ぎる傾向があります。

先進国にも関わらず、労働時間はトップのわりに生産性は最下位。

まったく価値を生み出せていないということになります。

どこかの会社は会議にだらだら時間をかけて結局、何が目的で話し合っているのかわからず時間の無駄として終わる。

現状維持に甘んじて何もしない人達とそれに巻き込まれる若者達がいる。

若者はこれからの未来を作る光。

新しい世界を作っていくのが若者です。

そんな若者の未来を過去に縛り付けるのはもうやめてほしいですね。

会社に縛られて時間を浪費し続ける姿は見ていられません。

ストレスから解放されるには

若者はどうしたらストレスから解放されるのか?

一番手っ取り早いのはやっぱり、嫌な上司とは付き合わない

しかし、そう簡単に出来ない人もいるでしょう。

でもこれができればストレスは軽くなります。

断る勇気を持ちましょう。

そして自分の仕事だけちゃんとこなして、帰ったら、独立の勉強でも始めましょう。

これからは個人事業の時代がきます。

俗にいうフリーランスやノマドと言った働き方がどんどん拡大していき、これまであった既存のシステムが崩壊していくのです。

社畜だなんだという時代は終わりです。

恐れず、自ら行動し、これからを作っていかなければなりません。

「時は金なり」ということわざがありますが、僕ならこう言います。

「時は命なり」

それくらい時間には価値があります。

金もすべて時間が生み出します。

生きている恩恵は時間が生み出しているのです。

絶対に時間を無駄にしてはいけません。

時間を有効的に管理して生活することが必要です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

SHOTA

プロレス見るのが大好きなのに会社の給料が少なくてプロレスを観戦したくてもできない日々を過ごしていたが、脱却することに成功。その時の体験談、経験や、初心者でもプロレスを好きになってもらえるような情報を発信しています。