『新日本プロレス試合速報』2018 2.10 大阪府立体育会館大会 IWGPヘビー オカダ vs SANADA/NEVER無差別級/IWGPジュニアヘビー

「THE NEW BEGINNING in OSAKA」

2018年2月10日(土)

大阪・大阪府立体育会館

観客:5481人

第1試合 北村克哉7番勝負 第6戦

20分1本勝負

永田裕志 vs 北村克哉×

●バックドロップ・ホールド

北村克哉の七番勝負は6連敗となる。
しかし着々と成長していってる。

第2試合

20分1本勝負

金丸義信&エル・デスペラード

vs

×SHO&YOH

●逆エビ固め

SHOは腰を治してからこいと言いたい。
これで王者はキツイだろう。

第3試合

20分1本勝負

真壁刀義&田口隆祐&KUSHIDA&マイケル・エルガン

vs

×TAKAみちのく&タイチ&飯塚高史&鈴木みのる

●キングコング・ニードロップ

第4試合

20分1本勝負

ジェイ・ホワイト&石井智宏&矢野通

vs

×トーア・ヘナーレ&デビット・フィンレー&ジュース・ロビンソン

●レフェリーストップ

ジェイにヘナ-レがレフェリーストップで負けてしまう。

試合後にクリス・ジェリコよろしく今度は
元WWEのスーパースター、レイ・ミステリオジュニアが新日参戦が決定。

対戦相手は獣神サンダー・ライガー。試合はロサンゼルス大会で行われる。

第5試合 スペシャルシングルマッチ

30分1分勝負

BUSHI vs 外道×

●エムエックス⇒片エビ固め

外道の戦略にBUSHIが捕まる展開に。
しかし解放されたBUSHIには敵わず。

第6試合 スペシャルシングルマッチ

30分1本勝負

内藤哲也 vs YOSHI-HASHI×

●デスティーノ⇒片エビ固め

YOSHI-HASHIは健闘するも内藤の前に敗れる。
試合後に退場する内藤の背後にタイチが現れ、どこかへ連れ去っていく。

第7試合 IWGPジュニアヘビー級選手権試合

60分1本勝負

【第80代王者】
ウィル・オスプレイ

vs

【挑戦者】
×高橋ヒロム

●オスカッター⇒片エビ固め

王者が初防衛に成功

第8試合 NEVER無差別級選手権試合

60分1本勝負

【第17代王者】
後藤洋央紀

vs

【挑戦者】
×EVIL

●GTR⇒片エビ固め

王者が初防衛に成功

後藤がEVILの除霊に成功ってなんかシュール。

第9試合 IWGPヘビー級選手権試合

60分1本勝負

【第65代王者】
オカダ・カズチカ

vs

【挑戦者】
×SANADA

●レインメーカー⇒片エビ固め

王者が10度目の防衛に成功

両者大激闘の末にオカダがツームストーンからのレインメーカーでベルト防衛。

新日本プロレス旗揚げ記念日で
IWGPヘビー対IWGPジュニアの対決を
したいという趣旨の発言。オカダ対オスプレイ?

▼新日本プロレス1~8月のスケジュールはこちら▼

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

SHOTA

プロレス見るのが大好きなのに会社の給料が少なくてプロレスを観戦したくてもできない日々を過ごしていたが、脱却することに成功。その時の体験談、経験や、初心者でもプロレスを好きになってもらえるような情報を発信しています。