2018.3.6「旗揚げ記念日」の見どころ!新日本プロレスはさらなる飛躍へ

2018年3月6日に行われる「新日本プロレスの旗揚げ記念日」が目前まで迫ってきました!

それに合わせてTVでもCMが公開されています。

新日本プロレスが旗揚げされたのは1972年3月6日、大田区体育館で
「アントニオ猪木vsカール・ゴッチ」の時間無制限1本勝負が行われた日でした。

新日本プロレスは初めて、という方のためにも
3.6旗揚げ記念日の見どころを軽くご紹介したいと思います。

北村克哉 7番勝負の最終戦

北村克哉

北村克哉選手の7番勝負も最終戦まできました。

対戦相手は第5戦でも闘った中西学選手となっています。

これまでの戦績

  • 第1戦 1月5日(金):×北村 vs ホワイト〇
  • 第2戦 1月27日(土):×北村 vs マイケル・エルガン〇
  • 第3戦 1月28日(日):×北村 vs ジュース・ロビンソン〇
  • 第4戦 2月5日(月):×北村 vs 天山広吉〇
  • 第5戦 2月6日(火):×北村 vs 中西学〇
  • 第6戦 2月10日(土):×北村 vs 永田裕志〇

今のところ全敗の北村ですが、おそらくこの闘いが終わった後、海外武者修行に行くと予想されます。

基本的に若手のレスラーは海外で経験を積んでから大物になって帰ってくるという流れがあります。

北村はブロック・レスナーに憧れてプロレスラーになったという経緯があり、筋肉隆々なのはその影響からでもあるとか。

ブロック・レスナー
↑ブロック・レスナーはこの方

どんなレスラーとなってくれるのか、これからが楽しみです。

高橋ヒロムを中心に回るIWGP jrタッグ戦線

IWGPジュニアタッグ選手権試合3WAYマッチ

高橋ヒロムBUSHI

vs

金丸義信エル・デスペラード

vs

SHOYOH

最近では選手同士によるTwitterでの戦いし始め、その中心に高橋ヒロム選手とエル・デスペラード選手等がいます。

ヒロムはこれからもジュニアヘビー級の戦線を盛り上げてくれるでしょう。

彼らのTwitterも見逃すな!

内藤哲也とタイチのシングルマッチ

内藤哲也を襲うタイチ

タイチ選手はこの試合でヘビー級に転向します。

その理由というのも内藤哲也選手に挑発されたからでした。

前回のシングルマッチではタイチが内藤に敗れています。

タカタイチマニア タイチ15周年記念スペシャルマッチ

内藤哲也 vs タイチ×

タイチの真の実力が発揮される試合となるかもしれません。

IWGPヘビー級王者 vs IWGPジュニアヘビー級王者

オカダ・カズチカとウィル・オスプレイ

久々となる王者対決、オカダ・カズチカ選手はこれを「アントニオ猪木vsカール・ゴッチ、今でいうならオカダ・カズチカvsウィル・オスプレイ」と言いました。

この対決は二度見られるかわからないだけに注目のカードです。

二人は同じCHAOSというユニットに所属していますが、2015年にRPWのマットで一度闘っていて、その時にオカダにすすめられてCHAOSに入ったという経緯があります。

最後になりますが・・・

今年一年、新日本プロレスはさらに拡大していくと思います。

目標としては「東京ドーム満員」「ドームツアー

ファンもその景色を望んでいるはず。

今年はクリス・ジェリコ選手の参戦でドームの観客は大幅に増えました。

二年間の東京ドーム観客動員数推移

2017年1.4東京ドーム:26192人

2018年1.4東京ドーム:34995人

これで外国人ユーザーが大幅に増えたといわれています。

今年の3月25日のロサンゼルス大会ではレイ・ミステリオ選手の参戦が決定。

さらに外国のファンを増やそうとしていることが読み取れます。

この調子でいけば2019年の1.4の観客は4万人は超えるかもしれません。

そして2020年までに5万人を達成できると。

まぁ、対戦カード次第ですねー・・・

▼こちらの記事もどうぞ▼
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

SHOTA

プロレス見るのが大好きなのに会社の給料が少なくてプロレスを観戦したくてもできない日々を過ごしていたが、脱却することに成功。その時の体験談、経験や、初心者でもプロレスを好きになってもらえるような情報を発信しています。