中邑真輔がWWEロイヤルランブル優勝!AJスタイルズとレッスルマニア34で頂上決戦か!?

1月28日アメリカ最大のプロレス団体WWE
PPV「ロイヤルランブル」に出場した中邑真輔選手が日本人初の快挙を成し遂げました。

訳「なんて夜だ!WWEユニバース(ファン)には感謝してもしきれません。あなたたちが私の後ろにいてくれたおかげでとても心強かった!」

Twitterでも中邑選手の優勝に大反響が起きています。

いや~本当に凄いです。

中邑がどれだけ凄いことをしたのかを伝えようと思ったら、
すでにわかりやすく書いてくれていた記事があったので読んでみて下さい。

優勝後にどのベルトに挑戦したいかと聞かれた中邑は即座に「AJスタイルズ」と答え、
4月8日のPPV「レッスルマニア34」でAJの持つWWE世界ヘビー級王座への挑戦が決定しました。

レッスルマニアとは
「レッスルマニア」はWWE最大の大会です。
日本で例えるなら新日本プロレスの「レッスルキングダム」に類似しますが、
日本とは比べ物にならないほどの規模と人数を誇っています。

まさに世界最大のプロレス大会というわけです。

そんな大舞台でついに日本人選手が頂点に挑戦します。

わくわくしますね!

もうこの際なので中邑の肩書きを”キングオブアーティスト”にしていただけないでしょうか。

なんで”ロックスター”なのかずっと気になってるんですよね。

・・・まぁ何にせよ、少し前には
新日本プロレスのメインで闘った二人が
今度はWWEの頂点をかけて闘うことになりました。

これから二人のどういったストーリーが
展開されていくのか、そして中邑真輔は
WWE王者となるのか、注目です。

WWE所属のディーバ、アスカ選手も初開催となった女子ロイヤルランブル初優勝しました。

日本人選手が世界のプロレスにその名を知らしめた歴史的な日になりました。

まとめ

中邑真輔とASUKAがロイヤルランブル優勝!

ということで、いきなり偉業を達成してしまった2人ですが、本当凄いですね。

ここで空気を壊したくないのですが、冷静に分析してみると、今、WWEで日本人バブルが起きているのではないでしょうか。

正確には日本人だけでなく、いろんな人達が活躍できる場に移り変わっているということです。

つまり、WWEには人材が不足している。

だから日本人選手の活躍の場が広がっているんです。

また、こんな捉え方も出来ます。

「新日本プロレスが海外に進出する布石」と。

中邑真輔は新日本プロレス所属だったレスラーです。

それがWWEで素晴らしい活躍をしています。もう話題の渦です。

そんな選手を輩出した団体と言われれば、海外のファンとて気になるものです。

そこで、新日本プロレスが海外で大会をする。

すると、気になっているファンが見に来て、そのうちの何人かは、ファンになって、これからも新日本プロレスを観てくれる。

そんな戦略がある気がするのです。

まぁ推測でしかないのですが・・・。

▼中邑真輔、ASUKAについては、こちらの記事もどうぞ▼
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

SHOTA

プロレス見るのが大好きなのに会社の給料が少なくてプロレスを観戦したくてもできない日々を過ごしていたが、脱却することに成功。その時の体験談、経験や、初心者でもプロレスを好きになってもらえるような情報を発信しています。