プロレスってやらせですか?一般目線から見てもわかる単純な真実

”プロレス”と聞くとみなさんは「どうせやらせなんでしょ」と
思っているのではないでしょうか?

僕もプロレスを知り始めた頃はまだよく知らなかったので
一時期はそんな気持ちを抱くこともありましたが、

それは知らなかったからでした。

そんでプロレスについていろいろ調べているうちに
僕はプロレスにハマりました。

今回の記事では”プロレスはやらせなのか”について、
やらせの定義をもとに考察していこうと思います。

プロレスはやらせなのか?

結論からお話しすると

やらせではないと言えます。

なぜか??

プロレスは事実をありのままにみせているからです。

目の前で起こることが事実なので、
捏造という言葉も当てはまりません。

マンガやドラマを見ているのと同じ感覚だと
思ってください、

誰もやらせなんて言いませんよね。

プロレスにもマンガやドラマのようなストーリーがあり、
ある程度それに沿って展開されています。

例えるならプロレスという物語があり、
プロレスラーという登場人物が観客を楽しませる。

それがプロレスというエンターテイメントだと思います。

プロレスとは切っても切れないワードだった

「やらせ」

「八百長」

長い間業界はこの言葉に悩まされてきました。

プロレスを知らない人には決まってこのイメージを持たれ、
プロレスファンも長い間頭を抱えてきました。

そもそもプロレスはスポーツや格闘技のような競技ではありません。

こうなってしまった原因はプロレス側にもありました。

暴露本が出版されたり、格闘技の勢いに負けていた時期もあります。

しかし、そんな状況に置かれても
プロレスは諦めませんでした。

選手もファンもこのワードと戦ってきました。

現役レスラーが本気で答えた

現役のプロレスラーがファンからの「やらせなんですか?」
という質問に本気で答えていました。

このツイートにはプロレスラーとしてやらせ論に対する
葛藤や気持ちが全部詰まっていると思います。

小島聡さんはラリアットを得意技として
活躍されているプロレスラーでとても優しい方です。

やらせの定義とは何か?

そもそもやらせってどういう意味か
みなさんは知っていますか?

情報メディアが事実ではないことを事実のように作り上げ、
これを本当であるかのように見せることです。

もちろんこんな行為をした場合は、
社会的な評価を大きく落とすことになるでしょう。

では八百長はどうなのかというと、

八百長は相撲や競技(スポーツ)という
勝負事において使われる言葉です。

プロレスはエンターテイメントなので
そこには八百長という概念自体
存在しないのです。

いずれにしても、やらせとは

事実関係を捏造して
本当にあったように編集したことを隠し、

そんなことしていませんよと宣言すること、
「その行為」のことを言います。

まとめ

今回は、プロレスをやらせだと思っている方へ向けて書きました。

初心者こそ一番勘違いしやすいところではあるんですが、そこはしっかり知っておいてください。

まぁ、どう思うかはその人の自由ですが、わざわざ言うことでもないですよね。

というわけで、以上になります。

それでは。

▼初心者の方はこちらもどうぞ▼
プロレス初心者はこれを知っておくだけで基本はマスターできる!
プロレス観戦に行く時に押さえておきたい!9つのポイント
プロレス界の現在の団体勢力図をわかりやすく解説!
これを読めば納得!プロレスのルールを1からわかりやすく徹底解説
初心者の方は読んでみて!今すぐ実践できるプロレスが面白くなる考え方
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • バラエティー番組も、プロレスも、お笑いも、観客を楽しませる為によく練られたエンターテイメント。そのショーを作り上げる為に、尽力し汗を流した方に対してヤラセだ、何だと批判を浴びせるよりも先に、リスペクトの気持ちは持つべきと思います。プロになる方は、そこに至るまでに莫大な時間と労力を使っているからです。

    • おっしゃる通りだと思います。

      あくまでもそういうものだと思って楽しみながら
      その裏に感じられる努力の量に感服させられる。

      そういう意味ではプロレスもお笑いも似たようなものなのかもしれないですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    SHOTA

    プロレス見るのが大好きなのに会社の給料が少なくてプロレスを観戦したくてもできない日々を過ごしていたが、脱却することに成功。その時の体験談、経験や、初心者でもプロレスを好きになってもらえるような情報を発信しています。