ゴールデンラヴァーズが復活する?ケニー・オメガ、飯伏幸太の歴史をおさらい!

あの人気タッグチーム、「ゴールデンラヴァーズ」が復活するかもしれません!

今回はゴールデンラヴァーズを知らない方もいると思うので飯伏幸太、ケニー・オメガのゴールデンラヴァーズの歴史を振り返ってみましょう!

ゴールデンラヴァーズの歴史

ゴールデンラヴァーズは2009年1月に結成されたタッグチームの名前です。

当時はDDTに参戦していた飯伏幸太
2008年初来日していたケニー・オメガ
闘い、壮絶な試合の末にお互い認め合って
結成されました。

結成されたばかりにも関わらず、
素晴らしい連携でどんどん活躍していきます。

二人は気が合ったんでしょうね~。

当初は週間プロレスに「ゴールデン・ツインズ」と呼ばれていましたが、
インタビューでケニーがラヴァーズと発言したため、「ゴールデン☆ラヴァーズ」という名称になったみたいです。

2010年には新日本プロレスにもタッグで
参戦し、同年10月11日には
IWGPジュニアタッグに挑戦。当時の王者
だった田口隆祐プリンス・デヴィット
アポロ55」からベルトを奪取してしまいました。

「Apollo 55」この時の田口隆祐選手は髪も長かったです。相方のプリンス・デヴィット選手は現在WWEで活躍されていますね。

この時の試合が年間最優秀試合賞(ベストバウト)を受賞。

ジュニアタッグの試合が選ばれたのはこれが初めての例でした。

2013年には飯伏がDDT新日本プロレスの両方に所属する選手になり、
2014年10月にはケニーも新日本プロレスに移籍することが決まり、
それ以来、ゴールデンラヴァーズとしての活動は停止しています。

二人が再会する場面も・・・

ケニー・オメガはその後ヒール軍団「BULLET CLUB」に加入し、ユニットを率いるリーダーとして数々の名勝負を繰り広げてきました。

一方、飯伏幸太はヘビー級に活躍の場を移し、
新日本プロレスとDDTを掛け持ちした状態で
試合をしていきます。

東京ドームでは中邑真輔選手と激しい試合を展開しました。

しかし二団体出場というハードな
スケジュールが影響し、身体はボロボロに・・・
精密検査では頸椎椎間板ヘルニアが発覚、
長期欠場することになり、新日本プロレスとDDT両団体を退団してしまいした。

その後自身が立ち上げた個人事務所「飯伏プロレス研究所」に所属。
WWEや新日本プロレスに定期的な参戦をするようになります。

二人が再会するような場面も・・・

しかしケニーは飯伏を振り切っていきました。

ついに二人が再会!感動のエンディング

1月28日の北海道札幌大会でジェイ・ホワイト選手とIWGP USヘビー級王座戦を戦い、
敗北したケニー・オメガ選手はBULEET CLUBともめてしまいます。

ヒートアップしたケニーが仲間を突き飛ばしてしまい状況がさらに悪化し、
Cody選手がケニーをクロスローズでKO。

孤立してしまいピンチに陥ったケニー。

その時、飯伏がケニーを助けにきました!

感動の再会にかん極まった表情の二人。

会場は大きな歓声に包まれ、
感動のエンディングとなりました。

いや~本当に良かったです。

まさかこんな仕掛けが待っていようとは・・・

こうなるとは思っていなかったので、
情報を見た時は「うぉーー!」と興奮してしまいました(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はゴールデンラヴァーズの二人の歴史をご紹介しました。

二人はこれからどうなるのでしょうか?

ケニーはBULLET CLUBは脱退したことになっているみたいです。

まだ明言はされていないものの、
ゴールデンラヴァーズ復活の線が濃いですね。

ようやく再会した二人にはこれから
ヘビー級でのさらなる活躍を期待したいですが、
WWEに二人で参加するという可能性もあります。

どんな形になっても、彼らを応援していきたいです。

▼ゴールデン☆ラヴァーズ復活試合については、こちら▼

『新日本プロレス×ROH速報試合結果』2.24 東京・後楽園ホール/NEVER無差別級6人タッグ/ゴールデン☆ラヴァーズ復活!

2018.02.24

『新日本プロレス×ROH速報試合結果』2.23 東京・後楽園ホール/NEVER無差別級 後藤 vs ブルーザー/ゴールデン☆ラヴァーズ復活!

2018.02.24
▼ゴールデン☆ラヴァーズについては、こちらの記事もどうぞ▼
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

SHOTA

プロレス見るのが大好きなのに会社の給料が少なくてプロレスを観戦したくてもできない日々を過ごしていたが、脱却することに成功。その時の体験談、経験や、初心者でもプロレスを好きになってもらえるような情報を発信しています。