新日本プロレス試合結果 2018 2.16~19 オーストラリア大会『Fallout Down Under Tour』

2018年2月16日~19日までのオーストラリア大会「Fallout Down Under Tour」の試合結果をまとめます。

※随時更新

2018年2月16日(金)アデレード

2018年2月17日(土)メルボルン

2018年2月18日(日)シドニー

2018年2月19日(月)パース

2.16 シドニー大会

第1試合

永田裕志 vs チェーズ・オーエンズ×

●バックドロップ・ホールド

第2試合

×ジョナ・ロックスレックス

vs

×鈴木みのるランス・アーチャー

●両者リングアウト引き分け

第3試合

Cody vs ロッキー・ロメロ×

●クロスローズ

第4試合

ケニー・オメガバッドラック・ファレジノ・ガンビーノ

vs

×ジュース・ロビンソントーア・ヘナーレKUSHIDA

●片翼の天使

第5試合

EVILSANADA

vs

×タマ・トンガタンガ・ロア

第7試合

ジェイ・ホワイト vs エリオット・セクストン×

●ブレードランナー

第8試合

オカダ・カズチカ石井智宏

vs

×マット・ジャクソンニック・ジャクソン

●レインメーカー

2.17メルボルン大会

第1試合

ランス・アーチャー vs エリオット・セクストン×

●ブラックアウト

第2試合

EVILSANADA

vs

×バッドラック・ファレジノ・ガンビーノ

第3試合

永田裕志 vs チェーズ・オーエンズ×

●バックドロップ・ホールド

第4試合

×トーア・ヘナーレジュース・ロビンソンKUSHIDA

vs

Codyマット・ジャクソンニック・ジャクソン

●メルツァードライバー

第5試合

ダミアン・スレイターマーカス・ピット

vs

×ロビー・イーグルスミック・モレッティ

●ダミアン・スレイターとマーカス・ピットの合体技

第6試合

ジェイ・ホワイト vs スレックス×

●ブレードランナー

第7試合

鈴木みのる vs ジョナ・ロック×

●ゴッチ式パイルドライバー

第8試合

×オカダ・カズチカ石井智宏ロッキー・ロメロ

vs

ケニー・オメガタマ・トンガタンガ・ロア

●片翼の天使

2.18 シドニー大会

第1試合

KUSHIDA vs ロッキー・ロメロ×

●ホバーボードロック

第2試合

永田裕志 vs ジャック・J・ボンザ×

●バックドロップ・ホールド

第3試合

EVILSANADA

vs

×ロビー・イーグルスミック・モレッティ

●EVIL

第4試合

ケニー・オメガバッドラック・ファレタマ・トンガタンガ・ロアチェーズ・オーエンズ

vs

×ダミアン・スレイタージョナ・ロックマーカス・ピットスレックスエリオット・セクストン

●片翼の天使

第5試合

鈴木みのるランス・アーチャー

vs

×ジュース・ロビンソントーア・ヘナーレ

●ゴッチ式パイルドライバー

第6試合

石井智宏 vs ジノ・ガンビーノ×

●垂直落下式ブレーンバスター

第7試合

オカダ・カズチカジェイ・ホワイトウィル・オスプレイ

vs

×Codyマット・ジャクソンニック・ジャクソン

●レインメーカー

2.19 パース大会

第1試合

ランス・アーチャー vs エリオット・セクストン×

第2試合

×ジュース・ロビンソントーア・ヘナーレ

vs

マット・ジャクソンニック・ジャクソン

●メルツァードライバー

第3試合

×永田裕志マレコ

vs

タマ・トンガタンガ・ロア

●ガンスタン

第4試合

×ジョナ・ロックマーカス・ピットダミアン・スレータースレックス

vs

ケニー・オメガバッドラック・ファレジノ・ガンビーノチェーズ・オーエンズ

●片翼の天使

第5試合

鈴木みのる vs デビッド・ストーム×

●ゴッチ式パイルドライバー

第6試合

ジェイ・ホワイト石井智宏

vs

×ミック・モレッティKUSHIDA

●ブレードランナー

第7試合

Cody

vs

ウィル・オスプレイ

vs

×ロビー・イーグルズ

●オスカッター

第8試合

×ロッキー・ロメロオカダ・カズチカ

vs

EVILSANADA

●EVIL

▼新日本プロレス1~8月のスケジュールはこちら▼

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

SHOTA

プロレス見るのが大好きなのに会社の給料が少なくてプロレスを観戦したくてもできない日々を過ごしていたが、脱却することに成功。その時の体験談、経験や、初心者でもプロレスを好きになってもらえるような情報を発信しています。