全日本プロレスが新たな月額制動画配信サービスを開始!さいたまSAで諏訪魔と藤田が激突・・?

全日本プロレスが新しい動画配信サービスを開始するようです。

詳細についてはまだ明らかになっていませんが、
「新日本プロレスワールド」のような配信サービスになりそうです。

月額は新日本プロレスワールドが月額999円に対し、全日本プロレスTVは月額900円です。

過去試合も見られるのなら全然いいと思います。

3.25さいたまSAで諏訪魔と藤田が6人タッグマッチで激突

2月3日の横浜文化体育館で試合後に藤田和之選手に襲撃された諏訪魔選手。

若手の岡田佑介、パンクラスの佐藤光留とタッグを組み、

藤田和之、ケンドーカシン、NOSAWA論外との対戦することが決定。

3月25日の埼玉スーパーアリーナ大会で激突します。

諏訪魔と藤田は前回のことがあるから正直不安。

だからタッグマッチなのでしょうか、シングルマッチの方が見てみたいですが。

少し?が浮かんだのが二人のコメント。

諏訪魔「横浜の試合後、藤田とカシンとNOSAWAがケンカを売ってきた。今までにないくらい腹が立った。どうしようもないフラストレーションを解決するには、戦うか、つぶし合うしかない。藤田、カシン、NOSAWA出て来いよ! リング上で決着つけるしかない」

藤田「昨日は呼ばれたから行っただけ。あとは向こう次第ですよ。」

引用:東スポWeb

なぜか二人はかみ合わない。

襲撃中も少しグダグダしてしまった感じがありました。

そこはしっかりしてほしい!

これでは見ている側に思いが伝わらないではないですか。

対戦するならするで筋道立てて、しっかりプロモーションしなければ観客は振り向いてくれません。

例え相手が合わない人であってもそこはリング上で表現するのがプロレスラーではないでしょうか。

前回の二人の対戦もまったくかみ合っていませんでした。

観客は二人に大ブーイングをする始末。

でもそういう流れも含めて全てを観客の前で、プロレスという枠組みの中で見せていかなければなりません。

諏訪魔には藤田のスタイルも含めて全てを受け止めて試合をして欲しいんです。

天龍源一郎を慕っているのであればそうするべきことはわかるはず。

・・・少し熱くなってしまいましたが、
プロレスってそういうもんじゃないかと僕は思うんです。

今度は前みたいな事態にはなってほしくはありません。

そうなれば全日本プロレスの評価を下げることに繋がりますし、せっかく少しずつ盛り返している状況を壊してしまいます。

3.25さいたまスーパーアリーナではどうなるか、楽しみです。

▼ニュース記事はこちら▼

▼こちらの記事もどうぞ▼
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

SHOTA

プロレス見るのが大好きなのに会社の給料が少なくてプロレスを観戦したくてもできない日々を過ごしていたが、脱却することに成功。その時の体験談、経験や、初心者でもプロレスを好きになってもらえるような情報を発信しています。