総額25億ドル!?”レインメーカー”オカダ・カズチカが降らせる金の雨

レインメーカー”オカダ・カズチカ選手は
入場するときに大量の金の雨を降らせています。

通称「オカダ$」と呼びますが、
一回の入場ごとに一体どれだけの量を降らせているのか、

Abema格闘TIMESで
公開されていたのでご紹介します。

クイズの第1問は「オカダ選手が入場時に降らせる『カネの雨』よく舞うのはなぜ?」という早押し問題。ここは獣神サンダ・ライガーが「折り目で風の抵抗をつけた」と答え、見事正解した。

ケンコバいわく、この「カネの雨」はヒラヒラと時間をかけて落下させるために、お札を1枚ずつクシャッと丸めて、また開くという地道な作業を施しているのだそう。しかも、1回につき使用されるお札は2万5000枚にもなるとのことで、文字通り金と時間をかけたパフォーマンスである。

ちなみに、お札はすべて「10万ドル札」なので総額25億ドル(日本円で2500億円)という、とんでもない額のお札が降っていることも明かされた。これを聞いた松井は「来年はいくら降るんでしょうね!?」と増額に期待したが、ケンコバは「これ以上増やすとスタッフが止めるかもしれない」と危惧し、会場の笑いを誘っていた。

うん、やっぱりすごい量です(笑)

現金ではないにしろ、この紙幣は
プロレス会場内でだけ本物と変わらない価値を
帯びていると言ってもいいですよね。

2500億円もオカダ選手が入場するたび
振っていたのかー。

僕はてっきり、新日本プロレスの売り上げが増えた分だけ
オカダの金の雨も増量されているのではないかなと
思っていたんですが、違いました。

それにしても2万5千枚という枚数を
1枚1枚手作業でしわを作っている
ところを想像すると・・・

裏方の仕事も大変そうです。

金の雨と言えば、
今年の東京ドームのチケットの売れ行きが
凄い
みたいですね。

もう3万枚売れていました。
去年よりも売れるスピードは
上がっているみたいです。

今年は2015年に行われた
ダブルメインイベントが再び
実施されましたからね。

しかもそのカードが

クリス・ジェリコVSケニー・オメガ

オカダ・カズチカVS内藤哲也

ですよ。

注目すべきポイントはたくさんあるんですが、
やはりこの2つに話題は持っていかれた感じです。

今年は大量の金の雨が降ることになりそうですが、
スタッフには止められないでしょう(笑)

▼オカダ・カズチカについては、こちらの記事もどうぞ▼
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

SHOTA

プロレス見るのが大好きなのに会社の給料が少なくてプロレスを観戦したくてもできない日々を過ごしていたが、脱却することに成功。その時の体験談、経験や、初心者でもプロレスを好きになってもらえるような情報を発信しています。