ロープはワイヤー!?プロレスのリングの構造を詳しく解説!

普段プロレスラーたちが戦っているリングは
レスラーの体重が落ちてきても壊れないように
作られています。

トップロープから落とされることもあるので
相当な衝撃がかかることもあるでしょう。

どれだけ頑丈に作られているか気になりますね。

今回は、プロレスラーが戦っても耐えられる
リングの凄さについて迫ってみたいと思います。

リングの基本構造

プロレスのリングは基本的に四角形です。
この形は1900年前後に生まれたといわれています。

日本では、プロレスのリングのサイズは一辺が6~6.4m
とされていいて、アメリカのサイズより大きいようです。

・コーナーポスト
それぞれの角に据えられた鉄柱。
これがリングを支える柱となる。

・ロープ
プロレスにおいては三本が決まりになっている。
これはレスラーがリング外でも戦うことが多く、
出入りがしやすいなどの理由があるため。

・マット
まず厚さ4~5㎝の木の板をしきつめます。

その上にゴム製のシートをしき、
さらにその上にはフェルトがしかれ、これらが
選手や床を守っています。

最後にキャンバスがきっちりとしかれて完成します。

ロープは鋼鉄のワイヤー!?

よく選手が振られたりして
体重を乗せているロープですが、
その構造がすごかったんです。

と言うのも、プロレス用のロープというのは
ワイヤーロープにゴムをかぶせているだけなんです。

ワイヤーって道路の柵とか電柱の支えになってたり
しますから相当硬いはずです。

新人レスラーはロープワークの練習をした後
背中や脇にアザができるそうです。

とても素人には耐えられるものではありませんね。

プロレスラーがあんなに激しく動いても
平気なのは、日々のトレーニングから
ワイヤーにも負けない強靭な身体を作っている
からなんです。

プロレスラーの凄さを改めて感じます・・・

ちなみに海外のロープは日本とは違い、
麻や木綿などが使われている団体もあるそうです。

四角形だけじゃない?六角形もあった

四角形ばかりだと思われますが、
アメリカのTNAという団体は六角形のリングを
使うこともあります。

この形のリングは日本にも存在していたことがあります。

闘龍門2000プロジェクトという団体では六角形のリングが
使われていましたが、
この団体は2003年に解散していました。

まとめ

今回はリングの簡単な構造、ロープは
ワイヤーで出来ていることを解説しました。

普段何気なく観ているロープワークで、
プロレスラーがどれほど鍛えられているかが
わかると思います。

マットもレスラーが落ちてきた衝撃に耐えられるように
いろいろと工夫されているんですね。

凄い投げ技とかありますからねー。

体重の重い選手とかが普通に飛ぶこともあって
びっくりしますよ。

今度プロレスを観に行く際には、レスラーの
ロープワークひとつだったり、
リング自体に注目して観るのもいいかもしれませんね。

▼初心者の方は、こちらの記事もどうぞ▼
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

SHOTA

プロレス見るのが大好きなのに会社の給料が少なくてプロレスを観戦したくてもできない日々を過ごしていたが、脱却することに成功。その時の体験談、経験や、初心者でもプロレスを好きになってもらえるような情報を発信しています。