【レッスルキングダム12 in 東京ドーム】全対戦カード一覧紹介!

2018年1.4東京ドーム大会の全試合が
公開されているので、まとめてみました。

まだご覧になっていない方は、
これで確認していただければと思います。

第0試合~ニュージャパンランボー~

参戦選手数未定

ランダムでレジェンドレスラーや
新日本プロレス所属以外のレスラーが
登場します。

試合形式は1対1からスタートし、
1分ごとに新しいレスラーが入場していく
バトルロイヤル制。

フォールされる、または場外に落ちると
退場となります。

第1試合IWGPジュニアタッグ選手権試合

■王者組
SHO&YOH

■チャレンジャー組
マット・ジャクソン&ニック・ジャクソン

第2試合NEVER無差別級6人タッグ選手権試合 ガントレットマッチ

■王者組

【BULLET CLUB】

タンガ・ロア&タマ・トンガ&バッドラック・ファレ

■チャレンジャー組

【新日本本隊】

田口隆祐&ジュース・ロビンソン&真壁刀義

【CHAOS】

バレッタ&矢野通&石井智宏

【新日本外国人軍】

ハンソン&レイモンド・ロウ&マイケル・エルガン

【鈴木軍】

タイチ&飯塚高史&ザック・セイバーjr

最初は2チームが通常の6人タッグマッチで闘い、
勝ったチームは次のチームと対戦する、
最後に勝ち残ったチームが勝者となります。

第3試合スペシャルシングルマッチ

飯伏幸太 VS cody + ブランディ・ローデス

第4試合IWGPタッグ選手権試合

■王者組
デイビーボーイ・スミスjr&ランス・アーチャー

■チャレンジャー組
SANADA&EVIL

第5試合NEVER無差別級選手権試合 敗者髪切り&ノーセコンド・デスマッチ

鈴木みのる VS 後藤洋央紀

場外カウントなしで、リング上でのみの決着となり、
敗者は髪を切られます。

第6試合IWGPジュニアヘビー級選手権試合4WAYマッチ

■王者
マーティ・スカル

■チャレンジャー
KUSHIDA

ウィル・オスプレイ

高橋ヒロム

4選手が同時に闘い、誰か一人が勝利した時点で決着となります。

第7試合IWGPインターコンチネンタル選手権試合

■王者
棚橋弘至

■チャレンジャー
ジェイ・ホワイト

第8試合ダブルメインイベントⅠ IWGP USヘビー級選手権試合 ノーDQマッチ

ケニー・オメガ VS クリス・ジェリコ

反則の裁定はなし、あとは通常のプロレスルールです。

第9試合ダブルメインイベントⅡ IWGPヘビー級選手権試合

■王者
オカダ・カズチカ

■チャレンジャー
内藤哲也

以上が今年の東京ドーム大会の全カードです。

公式サイトは↓から
『WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム』特設サイト

▼レッスルキングダム12については、こちらの記事もどうぞ▼
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

SHOTA

プロレス見るのが大好きなのに会社の給料が少なくてプロレスを観戦したくてもできない日々を過ごしていたが、脱却することに成功。その時の体験談、経験や、初心者でもプロレスを好きになってもらえるような情報を発信しています。