夏の祭典『G1クライマックス』を詳しく解説!歴代優勝者も

新日本プロレスが主催する最大級の大会。

それが『G1 CLIMAX』です。

プロレス初心者の方は
どんな大会なのかわからないと思います。

なので、今日はこの大会について
解説していきますね。

この名称は「競馬」が元になっている?

昔は新日本プロレスのレスラーとして活躍され、
社長も経験し、今は相談役の坂口征二さんがこの名称を付けました。

坂口さんは競馬ファンとしても知られていて、
競馬の最高格付けの競走、「GⅠレース」から取られています。

G1の開催時期は毎年の夏?


開催時期が夏という所から、「真夏の祭典」と呼ばれています。

この大会が最初に開催されたのは1991年です。

8月7日 ~ 11日にかけて行われました。

この時は全8選手が参戦していて、
長州力選手や藤波辰爾選手、
若き日の武藤敬司選手や蝶野正洋選手もいました。

最初の頃こそ日程や選手数もわずかでしたが、
近年は7月中旬から8月中旬に渡る約4週間に伸び、
選手数は20人も参戦するほど大きな大会へと成長したので、

”プロレス界で最も長く過酷なリーグ戦”と言われることもあります。

参戦選手の階級は?

特に制限は無く、ヘビー級からジュニアヘビー級まで
幅広い選手が参戦しています。

新日本プロレスのみならず、他団体の選手が
参戦してくることもあります。

G1はリーグ戦?トーナメント戦?

G1の大会形式は、その年で変わっていたようです。

●1992年、1993年、1997年、1998年はトーナメント方式。

●1995年、2000年~2007年、2009年はリーグ方式でAブロック、
Bブロックに分かれて、それぞれの上位2選手同士が決勝トーナメントを行いました。

●1991年、1994年、1996年、1999年、2008年、2010年~は通常のリーグ方式で
Aブロック、Bブロックの1位同士が試合をして優勝者を決めます。

現在は通常のリーグ方式が主流になっています。

G1の歴代優勝者

過酷な闘いを勝ち抜いた優勝者には
優勝旗、トロフィー、表彰状そして賞金1000万円が
授与されます。

さらに副賞にはIWGPヘビー級王座への挑戦権が与えられ、
王者になるチャンスがやってきます。

では、ここからG1の歴代覇者をご紹介していきます。

蝶野正洋


優勝回数最多:5回
第1回 1991年 8月7日~11日
第2回 1992年 8月6日~11日
第4回 1994年 8月3日~7日
第12回 2002年 8月3日~11日
第15回 2005年 8月4日~14日

藤波辰爾


優勝回数:1回

第3回 1993年 8月2日~8日

武藤敬司


優勝回数:1回

第5回 1995年 8月11日~15日

長州力


優勝回数:1回

第6回 1996年 8月2日~6日

橋本真也


優勝回数:1回

第8回 1998年 7月31日~8月2日

佐々木健介


優勝回数:2回

第7回 1997年 8月1日~3日
第10回 2000年 8月7日~13日

中西学


優勝回数:1回

第9回 1999年 8月10日~15日

永田裕志


優勝回数:1回

第11回 2001年 8月4日~12日

天山広吉


優勝回数:3回

第13回 2003年 8月10日~17日
第14回 2004年 8月7日~15日
第16回 2006年 8月6日~14日

棚橋弘至


優勝回数:2回

第17回 2007年 8月5日~12日
第25回 2015年 7月20日~8月16日

後藤洋央紀


優勝回数:1回

第18回 2008年 8月9日~17日

真壁刀義


優勝回数:1回

第19回 2009年 8月7日~16日

小島聡


優勝回数:1回

第20回 2010年 8月6日~15日

中邑真輔


優勝回数:1回

第21回 2011年 8月1日~14日

オカダ・カズチカ


優勝回数:2回

第22回 2012年 8月1日~12日
第24回 2014年 7月21日~8月10日

内藤哲也


優勝回数:2回

第23回 2013年 8月1日~11日
第27回 2017年 7月17日~8月13日

ケニー・オメガ


優勝回数:1回

第26回 2016年 7月18日~8月14日

まとめ

G1 CLIMAXは夏にだけ行われる
大規模な大会です。

今回はG1についての解説をさせていただきました。

真夏の祭典の優勝者にはその年の主役になるチャンスが
与えられることになります。

毎年の夏はこの大会に注目が集まるので
これを機に知った方も是非、見て下さい。

それでは!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

SHOTA

プロレス見るのが大好きなのに会社の給料が少なくてプロレスを観戦したくてもできない日々を過ごしていたが、脱却することに成功。その時の体験談、経験や、初心者でもプロレスを好きになってもらえるような情報を発信しています。